アスタリスク、買い物かごを置くだけでRFタグを一瞬でスキャンする特殊素材内蔵RFID専用レジ台を発表
2017年6月9日

iPhone/iPod装着型RFIDリーダーAsReaderの製造元のアスタリスク(株)が、特殊素材によりRFID電波をコントロールすることで、商品を密閉しなくてもカゴの中だけのICタグを読取ることが可能になるという棚を開発した。この仕組みにより、買い物カゴを置くだけで商品のICタグを一括で読取れるという。

米Boeing社、航空機部品の管理にRFIDを採用
2017年4月24日

ボーイング社は、航空機受け渡し時の航空機構成部品情報をARL(Aircraft Readiness Log)と呼ばれる構成部品リストにて管理し、航空会社に提供しています。同社は、RFIDを活用したARLの自動生成化を進めており、このたび、自社の製造ラインにおいて、当社の「RFID Integrated Label」の導入を決定しました。

医療機器の在庫管理をRFIDで
2017年1月5日

菱電商事は2017年1月5日、高度管理医療機器の在庫をRFIDで管理するシステムを発売する。京都桂病院と共同で開発したもの。 同システムでは高度管理医療機器の在庫や使用状況をリアルタイムに把握でき、請求漏れや誤廃棄、盗難を防げる。棚卸時間は従来比10分の1程度に削減できると見込まれ、使用期限間近な製品を抽出し、優先使用を促すことで不良在庫も減少できるという。販売価格は600万円から。

日立、8万個のRFID使った工場でのIoT活用モデルを外販へ、リードタイム5割削減
2016年10月25日

日立製作所は2016年10月25日、電力や鉄道事業の制御システムや機器を設計、製造する大みか事業所(茨城県日立市)で、IoT(インターネット・オブ・シングズ)を活用した生産モデルを確立したと発表した。RFID(無線IDタグ)を使って、生産ラインの部品や作業担当者の動きを把握し、改善に役立てる。使用しているRFIDは約8万個。製品を受注してから出荷するまでのリードタイムを約5割短縮した。

デルタ航空が今年の夏よりRFIDタグを預け荷物へ導入
2016年5月5日

デルタ航空は、預け荷物に新たにRFIDタグの導入を行い、今年の夏を目処に344の空港に導入するとのこと。実際の仕組みとしては、デルタ空港の預け荷物用ベルトコンベアにRFID用のスキャナーが導入され、預け荷物の行き先が誤った方向に向かっている場合に正しい方向へと正す仕組み